「捨てる技術」を上げないと

捨てる技術

2000年に大ベストセラーになった、辰巳渚先生の著書「捨てる技術」のパクリのようなタイトルにしてしまいました。

20世紀は経済成長し気が付いたら身の回りには、不要なものが山のようになっていたのですね。

世紀末に人々は気が付き、「捨てる技術」を身に着けようとこの本を多くの人が読んだのでしょう。

この後、やましたひでこ先生の『新・片づけ術 断捨離』やこんまりさんの『人生がときめく片づけの魔法』など多くの片づけ本が世に出てきました。

でも多くの家庭では、沢山の物で溢れかえっています(おそらく)。

正直私の物は、さほど多いとは思っていません。

これは主観的な見方ですから、妻や子供たちから見たら多いと思われているかもしれません。

なぜ捨てることを決意したかというと、今年義父がなくなったことが大きな要因です。

世間であるあるですが、必要な書類関係がわからず、出てくるのはいらないチラシやパンフレットばかりでした。

よくある話です。

この惨状を見て、必要な書類はすぐわかるようにし、生活で使っているもの以外はすべて処分しようと痛感しました。

でも好きな本やマンガだけは、しばらく取っておきます。(マンガは、時々読み返しますから!!)

特に早急に処分しようと思っているのは、父母の写真と母のお茶道具です。

思い出の詰まっているものは、処分しにくいものです。

でも誰だかわからない人と映っている写真を、保管いておいても仕方ありません。

そして自分の写真も、やはり処分してしまいましょう。

昨日は、少し手帳関係を捨てました。

手帳も記録ですから捨てがたい部分があるのですが、見返すことはほとんどありませんから捨てました。

捨てるとは違いますが、不要なクレジットカードや、銀行口座は解約しないといけません。

転職したりすると、指定の口座を作らないといけなせんから休眠口座が増えます。

本人が解約するのと、家族が解約するのでは手間暇が全然違います。

来年中には、めどをつけたいものです。

  • 写真を処分する。
  • お茶道具をリサイクルショップに持ち込む
  • 着ない服は捨てる。
  • 思い出の品もなるだけ捨てる。(写真として保存?)
  • 子供たちのビデオはDVD化する?
  • 使わない家具・小物類を捨てる。
  • クレジットカード・銀行口座解約

これが来年の目標かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました