クリスマスの飾りつけ~2021年~

早いもので、12月も四分の一が過ぎようとしています。

うちの奥様は、11月に利き手の人差し指に出来た「腱鞘巨細胞腫」の摘出手術をして、指が使えない不自由な生活をしていました。

やっと普通に近いくらいに動かせるようになり、クリスマスの装飾を始めました。

子供が成長しましたので、ツリーはさすがに飾らないようです(と言うより処分してしまいました)。

上の写真は、玄関入った所の装飾です。

ここはシーズンごとに装飾をしています。

妻は今年義父が亡くなりましたので、お正月飾りができないのでクリスマスを頑張るとのことでした。

人間年を取ると、一年がどんどん短く感じます。

何かの本に書いてありましたが、集中していると時間が短く感じるのと似たことのようです。

その状態が継続すると、一年が短く感じるそうです。

年を取ると時間への余裕感が、失われるような気がします。

集中の継続というより、余裕の喪失が時間の流れを早く感じる原因のような気がします。(これは私の体感としてのコメントです)

特にこの2年コロナ禍で、いろいろ余裕がなくあっという間に過ぎたような気がします。

どんな時でも隙間時間はできるものです、少しの時間でも余裕を持った気分に切り替えることが必要です。

クリスマスの装飾を見ている間くらい、余裕を持ちたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました