借金は突然に~人間予測のできないことが!!!

借金

 

先月義父がなくなりました、76歳でした。

義父の冥福を心から祈っています。

この書き出しからわかると思いますが、義父がちゃっかりと借金を残してくれました。

共済保険では足りない

亡くなる前からちらりとは聞いていたのですが、保険があるから大丈夫だろうと、たかをくくっていました。

義父の保険は、県民共済一口だけでした。

この県民共済は、年齢が上がると徐々に受け取れる金額が少なくなってきます。

75~80歳は、当然最小の金額しか受け取れません。

この県民共済の受取金は、病院の入院費と葬儀代金で消えてしまいました。(少し赤字ショボーン

となると残った借金は、私たちで返済しないといけません。

相続放棄も難しい

相続放棄したらと考えたのですが、これもあまりよい手段ではないようです。

市の法律相談で聞いたところ、娘が相続放棄するとその借金は兄弟に行ってしまうそうです。

相続放棄するなら、兄弟もやはり手続きをしないといけなくなります。

高齢の叔父叔母に借金の肩代わりを頼めません。

年金が頼みの綱

今望みの綱は、義母への遺族年金が出るか?!という所にかかっています。

遺族年金が出れば、そこから一部を返済に充てることができます。

明日年金事務所に行って、手続きをしてきます。

通ればよいのですが!!!

 

追記

義母は在命しているのですが、介護施設に入っているため責任能力がありません。

追記2

年金事務所で手続きをしました。遺族年金て、厚生年金部分しか支給されないのですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました