朝に七草粥を食べる

七草粥

昨日妻からLINEで、「七草粥の素買ってきてて」とありました。

雪で歩きにくいので、スーパー行くのはやだなと思い、帰る途中にあるマイバスケットに入ったら、入り口正面にありました。

ワンパック二人前で298円(税別)で、ちゃんと売っていました。取り敢えず3パックを購入!

うちの奥様は、季節の催し物はほぼ行います。

今思うと私の母は、あまり季節の行事はしていませんでした。

妻は簡単におこないますが、それでも意外と新鮮に感じられます。

母は流石に正月料理には力が入っていましたが、正月明けの七草粥が出た記憶はありません。

話を七草粥に戻しますが、妻は夜に七草粥を食べようと思っていたようですが、朝に食べるのが良いと何かで調べたようです。

そんなわけで急に、私に買ってこいということになったようです。

朝のテレビで、上賀茂神社で七草粥のふるまいをやっていました。

やはり朝からふるまうのでしょうかね?

少し調べてみると、1月7日は「人日の節句」と言います。

江戸時代に定められた、五節句の一つです。

今は桃の節句端午の節句しか祝いませんが、五節句祝うのが正式のようです。

古代中国では、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん/しちしゅのさいこう)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて無病息災を祝っていました。

この風習が日本に伝わったのは古く、奈良時代には行われていたようです。

時代と共に変化して、七草粥となったようです。

正月の15日に食べる小豆粥も似ています。

小豆粥はもともと7種粥と言い、小豆など7種類の穀物を入れて祝っていたものが起源です。

それが小豆だけになり、今は小豆粥と呼ばれるようになっています。

 

上の写真が、本日の七草粥です。
さすが即席ですね、青さをかけても同じに見えますよね爆  笑

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました